軽装履き-ウレタン底草履と加水分解

ウレタン底雪駄
ウレタン底の注意点
ウレタン底は横からの見た目も良く適度な弾力もあり滑りにくく摩耗に強い素材ですが、
長期保管すると年月ととともに劣化し使用回数に関わらず、突然底が剥がれたり、割れたりする加水分解という化学変化を起こします。
その様な特性があるため、滅多に履かず5年以上長期保存するような使用方法には向きません。
一般的には製造後、3~4年程度で劣化が始まると言われています。
その劣化は、温度や湿度が主な原因となって起こるものですが、お手入れ方法、保管状態によって早くなることがあります。

使用後は水分をふき取り陰干しし日の当たらない通気性の良いところで密閉しないで保管して下さい。
ご使用の際に亀裂を見つけたら、底全体の破損を起こすおそれがありますのでご使用をお止め下さい。
ウレタン底草履


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です